Interview

理寛寺 康太 / Rikanji Kouta
千坂 謙太 / Chisaka Kenta
2019年入社

千坂 謙太・理寛寺 康太
(左:千坂 謙太、右:理寛寺 康太)
あなたの仕事内容について教えてください

理寛寺この4月(2019年)に入社しました。6月上旬までは実務研修で、社内規則を覚えたり、下請け企業先を訪問して話を伺いました。

6月中旬からようやく現場に出て、先輩の仕事を手伝いながら、施工管理の業務について学んでいます。正式な配属先が決まるのは7月なので、それまではひたすら勉強の日々。「何の作業をしているのか?」「この作業の目的は何か?」といったことなど、分からないことがあるたびに先輩にしつこいくらい質問をしています。

現場に出るまでは、「先輩たちは怖いかもしれない」と不安も感じていましたが、実際は皆さん明るくて、気軽に話しかけやすい人ばかり。先輩は、自分の仕事が忙しいにも関わらず、嫌な顔をせずに教えてくれます。テキパキと仕事をこなしていて、現場作業員の皆さんにも仲間意識を持って接しているところなど、見習いたい部分はたくさんあります。

あなたの働き方と、一日の仕事の流れを教えてください
  • 午前7時30分~正午

    7時30分に始業、午前中は現場で発注元に提出するための写真撮影の仕方や、測量の手伝いなど。

  • 午後1時~午後5時15分

    午後は、作業員の方に指示を出す先輩の働きぶりを見学し、作業の進め方を学んでいます。
    今のところ5時15分には退社しています。

理寛寺 康太・千坂 謙太
理寛寺 康太
これまでに苦労したことや、醍醐味を感じたことについて教えてください

理寛寺まだ現場での経験はほとんどありませんが、想像以上に多くの人が関わっていることが分かり、ものづくりの醍醐味を肌で感じています。
さまざまな建設機械が実際に活躍している姿には感動しました。

現場に欠かせない測量は、大学時代に学んでいたものの、実地となると勝手が全然違って苦労しています。
まだまだ分からないことばかりですが、北海道の建設業の一端を担っている面白みを体験させてもらっています。

千坂 謙太
今後やってみたいことについて教えてください

千坂現場代理人=所長になることが目標です。
特に今の現場を指揮している所長は、オンとオフのメリハリがしっかりしていて、その働き方も含めて尊敬しています。現場のトップに立つには、全体を把握できる能力が必要だと感じているので、頭を使いながら学んでいるところです。

まずは、2級土木施工管理技士の資格取得が必須ですが、現場で実践していることがそのまま試験に出ると先輩から聞いたので、作業への理解を深めることに力を注いでいます。1日も早く成長して、臨機応変に対応できるようになりたいです。

休日の過ごし方、楽しみは何ですか?

理寛寺入社を機に、札幌から岩見沢に引っ越し、今は一人暮らしをしています。
筋トレと海外ドラマにハマっていて、一日中ドラマを観て過ごすこともあります。筋トレは、たいてい近所の体育館でトレーニングしています。マッチョな体形になるのが理想です。

これから入社される方へひとこと
千坂現場になじみやすい体制を整えてくれて、社員を大事にしているいい会社です。
フレンドリーな人が多く、いい意味で業界のイメージも変わるはず。地元にも貢献できるので、地元密着の働き方を求める人にはおすすめです。
PAGE TOP